睡眠をとり、肌に触れない事がニキビ跡を作らないコツ

子供の頃はみんな美肌だったと思うのですが、中学生ぐらいにもなるとニキビが沢山できるようになりますね。私はそんなものは気にしないという人たちばかりなら良いのですが、やはりお年頃の女性ですから、それなりに気にしますよね。数年ほどたつとホルモンも安定してきますから、ニキビの数も劇的に少なくなるのですが、問題はそのニキビ跡や肌荒れです。これに悩まされているという女性が非常に多いんですね。

解決方法には様々なものがありますが、私が効果がありそうだと思うのは健康的な生活を送るという事です。当たり前の話ですが、肌というのは体の内側から作り上げられるものです。ですのでそれを最大限活かそうという事なんですね。肌が生まれるのは夜寝ている間が一番多いという事ですから。最低でも7時間程度の睡眠は確保したいところです。これをする事によって新しい肌が生まれやすい環境が出来ますので、自然とニキビ跡や肌荒れが目立たなくなってくるものなのです。

体の内側からに関しては以上ですが、では外側からはどのようなケアができるのでしょうか。非常に簡単な方法としましては、とにかく触らない事が重要になってきます。当たり前の様でいて、実は意外と難しいのがこれなんですね。ついつい気になって触ってしまうものなのです。しかしこれをしてしまうと、途端に悪循環に陥ってしまいます。触ると少なからず炎症が起きて痒くなりますが、今度は痒くなったことが原因で掻いてしまうのです。そうするとまた炎症が起きるというスパイラル状態に陥るのです。これではニキビ跡が酷くなってしまいますし、また、肌荒れも同様に良くなりません。

ですので意識して触らないという事を心がけてください。ふと触れそうになった時にあえてやめる様にしましょう。これを繰り返すことによって、肌の痒みが消えて自然と肌が綺麗になっていくと思います。成果が確認できるまでには多少の時間がかかりますが、効果は確実ですのでとにかくやってみてください。