ニキビ跡を薬で治そうと思ったら症状を見極めてから薬を選んで下

ニキビ跡を薬で治す事が出来たら良いのになと思った事はありませんか?思春期の頃何も知らずに肌ケアの方法を間違えてニキビ跡が酷く薬で治す事が出来ないかと思っている人は案外多いのではないかと思います。

実は、ニキビ跡を薬で治す事は可能です。ポイントは、自分のニキビ跡に合った薬を使う事です。そうすれば案外簡単に治す事が出来る可能性があります。

例えば赤や茶色のシミになってしまっているニキビ跡を薬で治す場合は、肌の代謝を良くする薬を使う事でニキビ跡を綺麗に治す事が出来ます。ビタミンが含まれている薬を使ったり、ピーリング効果があるものを使用する事で肌の代謝を助け、ニキビ跡を綺麗に治す事が出来ます。ですので赤や茶色のシミタイプの人はそういったものを使ってみて下さい。

クレーターのように凹んでしまったニキビ跡は薬では完全には治す事が出来ません。ニキビを潰してしまったりした事で肌の奥が傷つき、コラーゲンが生成出来なくなってしまった為に肌が凹んでしまっているので、このタイプのニキビ跡は薬で完全に治すのは難しいのです。

ではクレーターになってしまったらもうどうしようもないのかというとそうでもありません。肌の新陳代謝を活発にする事でだいぶ目立たなくする事は出来ます。ですのでクレータータイプの場合はピーリング効果のあるものを主として使い、同時に肌が乾燥しないように保湿効果のある化粧水などを使う事でだいぶ目立たなくはなります。試してみれば分かりますが、女性などは化粧してしまえばほとんど分からないくらいまでにはなると思います。完全に分からなくするには病院でコラーゲン注射などをして貰わないと無理ですが、自宅でも頑張ればだいぶマシになります。

このようにニキビ跡を薬で治すにはその症状にあったものを使う事が大切です。間違ったケアをし続けても決して良くなる事はありませんので、きちんと症状を見分けて適切なものを使う事がとても重要です。パッと見で分かりますし、そんなに症状を見極めるのは難しくありませんのでぜひそれだけは忘れないようにしてください。