ニキビ跡の治療法とニキビの原因

ニキビ跡で悩んでいる人は多くいます。若い思春期の頃に顔中ニキビだらけになってしまい、どうしても人に見られたくないためにニキビを潰して皮脂を押し出してしまうのです。しかしニキビを潰してしまうとクレーターのようにヘコんだ肌になってしまいます。こういった肌になっても治せないわけではありません。

今では皮膚科や美容クリニックなどで積極的にニキビ跡を消すための手術が行われています。治療費はかかりますが、きちんとし技術をもった病院などで施術すればまだまだ綺麗な肌を取り戻すチャンスは残されています。例えばレーザー治療というものがあります。レーザーによって肌を焼き、皮膚のターンオーバーを促すことにより新しい皮膚が再生するような治療法があるのです。多少、料金はかさみますが肌は顔の年齢を表すといまで言われるようにルックスにおける大切な要素です。出費を惜しまず投資する価値があると言えるでしょう。

ニキビ跡を残さないようにする秘訣はズバリ圧出しないことです。ニキビが顔にできると痛いですし痒いのでどうしても指で触りたくなる気持ちはわかりますが、ニキビに刺激を与えると炎症が起こりやすくなります。ですから、ニキビが多少痛くなっても我慢し、ケアすることに努めた方が良いのです。ニキビを治すのに一番大事なのは睡眠です。寝ている間にニキビは小さくなると言っても過言ではありません。ですから夜更かしせずに、できるだけ早く床につくことが肝要になります。

また食事の内容もチェックすべきでしょう。お菓子ばかり食べていて砂糖を大量に摂取していたり、スナック菓子を主食にしていたりすると健康を害してしまい、ニキビの治りも遅くなってしまいます。できれば甘いモノはフルーツから摂るようにした方が健康的です。また物理的なストレスもニキビの原因となるので注意が必要です。例えば顔に髪の毛がかかっている場合、その髪の毛が皮膚への刺激となって皮脂の分泌を促進してしまう恐れがあります。皮脂が分泌され、毛穴に角質が蓄積されればニキビが増加してしまいます。髪の毛は束ねるか切ることをオススメします。