肌荒れを身体の内から治す断食デトックス

肌荒れはストレスや不眠など様々な原因で引き起こされますが、不摂生が続くと、日常的に肌荒れの状態が続いてしまいます。化粧ノリはもちろん見た目にも不健康になるので、女性にとっては憂鬱で仕方のないことですが、高価な化粧水やクリームを使っても一向によくならないということもあります。もちろんその原因が普段使用している化粧水などにあるのならば、こうした肌ケアの改善が大きく作用することもありますが、肌は身体のあらゆる不調が現れるので、中から改善しなければ根本的な治癒にはなりません。

そうした中、肌荒れ対策の救世主として注目されているのが、断食によるデトックスです。断食自体は古くから主に仏教の経典の中などで見られることですが、これは修行など苦行という側面ではなく、健康維持にも非常に効果が高いことで注目されてきました。そもそも断食は仏教徒が瞑想をする際に、身体の痒みや不調に瞑想が邪魔されないように身体の中を綺麗にするという役割を担って行われてきました。時代の中で断食が極端な身体をいじめ抜く苦行となったことも事実ですが、近年では断食のそうした健康的な面を活かした様々なダイエットや健康法が開発されています。

特に肌荒れには断食が効果的ですが、それは便秘と大きく関係があります。一般に便秘と肌の状態の因果関係はよく知られていますが、便が溜まるとその毒素が血液中に循環し、肌だけでなく身体のあらゆる箇所に不調をきたします。そのため便秘の改善を行う下剤や体操がもてはやされた時代もありましたが、断食はこうした便秘改善に大きな力を発揮します。断食によって空腹状態が続くと、腸や胃など消化器官が休息を取ることが出来ます。たった半日でもこうした休憩を取ることが出来ると、腸や胃に著しい効果が出ることがわかっていますが、その好意的な効果として便秘の改善が見られます。

このように肌や美容には非常に効果の高い断食ですが、正しく行わなければ事故につながりかねませんので、本格的な断食を行う場合には専門家の指導の元行ってください。