ニキビ跡は薬で治すことが出来るので確認してみよう

ニキビ跡を薬で治すとした場合、どのようなニキビ跡に効果があるのでしょうか。全てのものが薬で治すことが出来るのではないのですが、ある程度のニキビ跡にはとても有効的なのです。薬で治すもの、それは赤色と茶色のニキビ跡なんです。 

薬の主な成分としては、抗生物質です。治すためには必要なのです。また、坑炎症剤もニキビ跡を治す薬として有効です。赤いニキビ跡によく効く薬なのです。また、茶色いニキビ跡を治す薬はターンオーバーを早めるものが良いので、ビタミン剤などが多いのです。さらに治すには局所用坑ニキビ製剤や、美白剤といったものがあり、特にこの5種類がニキビ跡に効く薬として皮膚科などで処方されることになります。

抗生物質がニキビ跡を治す薬として有効なのは、菌を抑えたり、退治する効果があるからなんです。赤色のニキビ跡を治す薬として特にいいのですが、赤色のものは出来た当初にもまだ体の内側の細胞は弱弱しく生きています。ですから、抗生物質はその生きている菌を抑えてくれるというわけです。菌が生きている限り、他の部分にもすぐに出来てしまうのがニキビです。ですから、完璧に治す ことを考えた場合、すぐにでも処方してもらい飲むのがいいでしょう。また、塗り薬もあるのでニキビ跡に直にぬって治すことができます。

さらに、赤色のニキビ跡に効く薬として坑炎症剤があります。ただこれは、炎症を抑える効果があるというもので、完璧に治すには他のものと併用する必要があります。ですから、旅行やデート、温泉やプールに行くなどの場合にニキビ跡を目立たなくしたい、というときに使用する薬となります。これも、飲み薬と塗り薬がありますので、どちらかを使ってください。このように、治すためのものはいろいろあります。ニキビ跡の状態によって使用する薬は違いますので、やはり専門医に確認のうえ治すために使用するのが一番いいでしょう。それが一番の近道といえるでしょう。