肌へのダメージを減らしてニキビ跡を消そう

ニキビ跡を作らない様にするには、肌へのダメージを最小限に抑えるという意識を持ってください。例えば、保湿クリームを塗るという様な対策です。体のパーツの中で顔というのは最も乾燥しやすい場所だと言えます。そのため油分が多く出て、天然の保湿効果がある訳ですが、これだけでは十分だとは言えないのです。別途保湿クリームなどを購入して肌に塗っておくようにしましょう。これをしておくだけでも相当の効果があります。ただし忘れてはいけないこととして、帰宅した後はこの保湿クリームを洗顔で落としておくようにしてください。

保湿以外にはニキビそのものを作らない様にする事が極めて重要です。まず大切なのが毛穴を清潔にするという事です。例えば入浴時に湯船につかっているでしょうか?そうではなくシャワーだけという方が結構いるのではと思うのですが、これですと毛穴の中を上手く洗浄出来ない可能性があります。ある程度暖かくする事によって毛穴というのは開放されるんですね。その状態になってからシャワーを浴びるようにすると清潔になり、ニキビ跡を減らすことができます。

絶対にいけないのは何度も繰り返しニキビを作ることです。多少であればニキビ跡も元通りになりやすいのですが、余りにも炎症が激しくなり過ぎると跡が残りやすくなるのです。何でもそういうものですよね。被害が少なければ元通りにしやすいですけど、それが滅茶苦茶になってしまえば元通りにする事は極めて難しくなります。肌の場合ですと完全にダメになってしまうという事はありませんのでご安心ください。しかし、炎症が一度悪化してしまうと治るまでの期間もそれに合わせるように長くなってしまうことは意識しておきましょう。

ちなみに、男女別でみるとニキビ跡が出来にくいのは女性の方ですので、そういう意味ではちょっと嬉しいのではないでしょうか。だからといって放置していいという理由にはなりませんので、その時どきに応じて適切な肌ケアをしてあげてください。