泡立ててニキビ跡を目立たなくしました

私はニキビ跡が凄いのですが、長年続いた肌荒れに対して、もうほとんど諦めていたところもありました。もともとは若い頃、まだ10代の半ば当たりでしたが、そのときからニキビ酷くなるようになってました。とは言いつつあまり気にせずにしていたところもあり、多少放置していたところもありました。むしろそうしていれば治る、気にしないことが一番だと思ってたんです。でも日に日に酷さを増していくニキビは一向に治る気配を見せずにいました。

そんな10代も終わりに近づき気が付けば社会人となっていた私でしたが、顔中にできたニキビは相変わらず酷いの一言に尽きます。周りからはどう思われているのだろうか、そんなことばかりを気にしている状態になっていました。そのせいか精神的にもあまり良くなく、これでは本当にいけないままだと思うようにはなっていました。まずニキビ跡は治らないとのことでしたが、目立たなくさせるくらいはできるのではないかと思ったんです。

色々とネットを調べるようになりましたが、私の時代にネットがあって本当に良かったと思いました。ニキビ跡に効果がありそうなことを色々学べそしてそれらを実行していきました。ですが、あまりこれといった効果も見られずにいたとき、知り合いに卵白パックという方法があると聞きました。白味を泡立てそれを顔に10分ほど塗っておくだけでした。早速私は試してみることにしたんですが、ニキビ跡だけでなく、顔のツヤも好くなったんです。

白味の泡が毛穴を整えてくれることと、お肌自体を引き締めてくれる効果があるようでした。これを週に三回ほど繰り返すようにして、後はできるだけ洗顔料を使わないようにしていたら、私のニキビ跡も以前と比べると明らかに変化を見せていました。ここまで綺麗になるんだって思ったことと、今はそのケアのおかげで随分と自分にも自身が持てるようになりました。何よりも人と向き合って会話ができる、自信をくれたんです。